今後の郵便料金の値上げと切手について予言すると・・・、
①葉書は52円→60円に上がる!!!
 41円→50円に上がった過去があるので、これに関してはかなり自身があります!
 もしかすると近い将来あるかもしれません。
②封書は82円→110円、92円→120円に上がる!!!
 2014年4月の郵便料金値上げの際にキジバト80円切手が絶版になったのに、カルガモ50円切手が残った点に注目しました!
 小額の切手には3種類あって、
 差額切手(一番安い封書の郵便料金と葉書の郵便料金の差額の切手。現在なら30円。)と、
 移行切手(値上げ後の葉書及び封書の郵便料金から値上げ前の葉書及び封書の郵便料金の差額の切手。現在なら2円。)と、
 その他(上の2つの両方に属さないか、昔の差額切手か移行切手が絶版にならずに残っている切手。)とに分けられます。
 おそらく50円切手は今後の差額切手として残したかったのだと私は思います。
 ただ1つ気になることがあり、2014年の3月末にコチドリ110円切手が絶版になっているのです。
 短い期間で一度絶版になった額の切手を再販売するとは少し考えにくいため、①ほどの自身はありません。
③8円切手が再販売され、28円切手が新たに作られる!!!
 8円切手は①の様に値上がりしたときに、28円切手は②の様に値上がりしたときに、共に移行切手として販売されるでしょう!
 過去にはカモシカ8円切手が葉書7円封書15円の時代に販売されており、恐らく差額切手として使われたことでしょう。
 その為8円切手が作られれば再販売となるのです!(28円切手は過去にはありません。)

まとめ
 差額切手と移行切手は過去を見ても結構あります(例外はありますが笑)。
 でも、郵便料金は遠くない時に確実に値上がりします!
 葉書52円封書82円の時代は長く続かないでしょう。
 何せ消費税導入により幕を開けた葉書41円封書62円の時代はあっけないほど短命だったのですから・・・。

(※これはあくまで私個人の予想です。感想を聞きたい為に此処に書いたので、出来れば御意見を御願いします。)