厚生労働省と日本年金機構は国民年金保険料の未納対策を強化する。
年間所得が300万円以上ある場合に財産を差し押さえる強制徴収の基準を「13カ月以上の未納」から「7カ月以上」へ2018年度から広げる。
強制措置の対象拡大は3年連続。
低迷する納付率の引き上げに熱心に取り組む姿勢を示し、年金制度への信頼を維持する狙いもある。

続きはソース先で
日本経済新聞 2017/5/17 21:47
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS17H3I_X10C17A5EE8000/

コメント一覧
>>1
収入300万円以下で逃げ切る
国民年金てそもそも任意じゃなかったんか
年収300以下で払わない奴とか、老後資金についてどう考えてるんだろ
>>1
年収関係無く
全ての未納者から強制徴収すべき
>>4
今の生活を考えるだけで精一杯なんだろう
>>4
払わないんじゃなくて年収少なくて払えない、じゃないの
あるいは70まで到底生きられないと諦めてる
いつ死ぬか判らないのに生きているうちに金は使う。現実的に破綻しているのに無理。引き延ばしにやっきになっているからそれが総ての答。
ケツ毛をむしり取るように徴収する安倍政治
まだ収入もない学生からも取るんだからタチ悪いよ。
くされ老人のためになあ。