こんにんちは、ファンキー精米です。
気象庁の梅雨入り宣言!一気に過ぎムシムシ・ジメジメの梅雨がやってまいりました。梅雨前に行う予定だった幾つかの業務を春の心地よい風の中、週末にコツコツやってました。

  1. 精米所裏の土手への土止め工事
    精米所裏の土手は擁壁もなく「がけ崩れ」状態でした。プラスチック製のウッドデッキパネルを壁にして簡易的な土止め(簡易擁壁)工事をしました。予想よりも綺麗に仕上がったので野菜でも植えてみようかな~。
    それにしても、工事が疲れた。

    f:id:yamabe-seimai:20170609001145j:plain

  2. 屋根の塗装
    トタン屋根の焼き付け塗装が紫外線で劣化して白粉が出てきました。そこで塗装をしました。塗料は近所のホームセンターの中で品揃えが豊富で且つ安価だったカインズオリジナルブランドの塗料を使いました。
    ★さび止め:トタン専用さび止め 2kg グレー
    ★塗料:トタン屋根用 7kg シルバー

    今回、シルバー色を初めて塗装しました。
    シルバーの塗料ってなんか不思議!!
    撹拌を始めると先ず黒っぽい物体と銀色の物体が渦上波紋として液面に現れます、更に撹拌を続けると、銀色になります。
    そこで、シルバーの顔料って何が成分なのか?気になり調べてみると。多くが天然素材の雲母に二酸化チタンをコーティング処理をしたモノで或る事がわかりました。シルバー塗料は単色カラーと比較して1000円も高額なのですが、理由は素材工程に手間が掛っている事が理由と理解しました。
     黒塗料が    7kg 2980円
     シルバー塗料が 7kg 3980円

    f:id:yamabe-seimai:20170609001235j:plain
    ※塗装後の写真を撮り忘れた。

    f:id:yamabe-seimai:20170609001354j:plain
    あと、車止めも再塗装しました。シルバーと赤のストライプで警告感を演出。(Audi A1のツートンカラーのような・・・)

  3. 精米所新聞
    精米所新聞を作成してみました。

    f:id:yamabe-seimai:20170609002448j:plain

    ★仕様ソフト
     RootCAD :絵柄の作成
     イラストレータ:絵柄の塗り絵、線分変更、新聞レイアウト、文字入れ
    ★工程
     ①マンガ図作成  →RootCAD(データはPDFでイラレにexport)
     ②マンガ図編集  →PDFをイラレで読みとりするとベクトルデータで読めるので自由に編集可能
     ③レイアウト編集 →イラレで新聞風に編集
    ★2DCADとイラストレータ併用で良い点。
     ①CADを使うと、精巧な作図が素早くできる
     ②イラレを使うと、塗り絵や線太さ変更CADより素早くできる
     ③イラレを使うと、文字と絵のレイアウトが感覚的に素早くできる
    ★次回の新聞作成の課題
     ①新聞レイアウトソフトのトライ
     イラストレータの新聞編集がやりにくいのでフリーの新聞編集ソフトにチャレンジしたいと思う。
    トライ予定ソフト → 朝刊太郎・改