リゾネーターはじめ、2017年の3歳ダート馬、かなりいい馬が木幡巧也騎手にまわってきています。

アメリカ遠征ことついえたものの、ジャパンダートダービーで印が普通につくはずの馬、リゾネーターで挑んだ圧倒的1番人気の兵庫CS。

向こう正面で動く、というセオリーどおりの競馬をやりたかったものの、まさかの馬が途中からついていけない、という展開に。

その後ろにいたタガノディヴォは、リゾネーターの動きが鈍いとみるや、すばやく前にとりつく積極的な競馬。

川島騎手は地方競馬ではそこそこ乗りなれているだけに、ここは経験の差と、馬の適性の差がもろに出た感じ。

今回の結果=能力差ではないはずだけに、今年の3歳ダート界は面白くなりそうですねエピカリス含め。

www.youtube.com