引っ越しをほぼ決めていたアパートの前の住人が、病院でではありますが半年前に病気で亡くなって、その後に退居という形を取っていることが分かりました。

ご高齢などならまだいいのですが、その方が60代前半と比較的若かったこと、長くこのアパートで一人暮らしの末の病死ということで、何となく引っかかってしまいます。

私は子どもの時からかなり神経質なところがあり、祖父が亡くなって遺体が自宅に戻ってきて、布団を敷いて寝かせられていた場所、家で葬式をした時に棺が置かれていた場所を、その後、全く歩くこともできないままになって、とてもつらかったのを覚えています。

今回は気学による引っ越しということもあり、余計縁起のようなものにこだわってしまいます。スピリチュアルなものを信じる方で、この状況は気になりますか? それとも気にしませんか?

閲覧数:
29
 
回答数:
2

アバター

sinnfonia4869さん

○気学の引っ越しと縁起や霊的な物事は関係ありません。気学は学問的なもので縁起とは違います。塩を撒くとかめでたい席に鯛を食べる等は縁起ですが、気学とは違います。
○その人は病院で亡くなっており、その家は基本的には気にする必要はありません。ただ有害物質等健康を害する物件でないかどうか調べることは良いことです。