後半戦、白星スタートです、が・・・

どうもこんにちは、ロキです。

 

素晴らしい逆転勝利で4連勝。リードした状態で勝ち継投を投入する理想的な展開に持ち込むことができましたし、後半戦のスタートとしては良かったと思います。

ただ、良いことばかりではありませんでしたね。糸井の負傷度合いが心配です・・・

 

先発のメッセンジャーさんですが、状態はあまり良くなかったように思います。立ち上がりからストレートの走りが今ひとつでしたし、四球も多かったですからね。序盤はピンチの連続でしたが何とか粘りの投球で1失点に留め、少しずつ修正していったという感じでしょうか。こういったの修正能力の高さは流石ですね。

最終的には、6回4被安打5奪三振5四球1失点という内容。もしも広島打線が好調だったならば、序盤でやられてしまっていたかもしれません、そこは助かりましたね。とは言え、広島打線を相手にして、悪いなりにも試合を作ったわけですから、メッセンジャーさんの仕事は素晴らしかったと言えるでしょう。ハーラートップタイの9勝目にもなりました。後半戦もこの調子で勝ちを積み重ねていって欲しいですね。

 

1点リードの状況を作って勝ち継投に繋ぎました。そして、桑原、マテオ、ドリスの3人が無失点リレーで逃げ切ってくれました。こちらも素晴らしいの一言、それだけですね。

 

次に打線についてです。得点は2点のみでしたが安打は10本出ていますし、全体的な状態はまずまず良好だと言えそうです。この試合では、特に下位打線が良い仕事をしてくれました。4回、2死走者無しの状況から、鳥谷さん、糸原、梅野の3連打(糸原がツーベース)で一気に逆転、この得点がそのまま試合を決めました。糸原と梅野のタイムリーは、どちらも失投を逃さず仕留める素晴らしい打撃だったと思います。こういった伏兵が試合を決めるところは、今年の阪神の特徴の1つでもありますね(主軸が思ったような働きができていないとも言えますが、物は言いようですよね)。

 

この試合では、あと2つほど話題を取り上げなければいけません(いけませんという事は無いのですが)。良い話と悪い話があります、どちらからが良いですかね? 皆さんすでにご存知でしょうし、どちらでも良いですかね。

1つ目は良い話。西岡さんがついに1軍復帰を果たしました。1年前のアキレス腱断裂から良くここまで戻ってきてくれました。この試合でいきなり1番ファーストでスタメン出場。ヒットも1本出ましたし、チームも勝ちましたし、良い復帰戦となりました。死球を受けた時にみせた手を叩いて出塁を喜ぶような振る舞いなどのように、チームを鼓舞するような姿勢は相変わらず素晴らしいですね。阪神の他の選手には無いものをもたらしてくれる存在ですし、これからどんどんチームを引っ張っていってもらいたいですね。

冒頭でも少し触れましたが、2つ目は悪い話。糸井が打席でスイングを仕掛けた際に脇腹を痛め、試合の途中で退きました。詳細はまだ分かりませんが心配ですね。脇腹は、無理をすればプレーできてしまうところでもありますが、そうすると何度も繰り返し痛めて癖になってしまう箇所ですからね。しっかりと治してから復帰しないと、逆に長く影響が残ってしまいそうです。どうやらオリックス時代にも痛めたことがあるようですし、慎重な判断をして欲しいですね。

西岡さんの復帰と入れ替わりで、主力が欠けることになってしまうかもしれません。新加入したロジャースを試す良い機会にはなるのかもしれませんが、やはり痛いですね。

とにかく今は、怪我の詳細が出るまで待つしかないですね。

 

次戦は岩貞と大瀬良の予告先発です。

岩貞は、前回登板では5回3失点という内容でしたが、失点は少ない失投をホームランにされたもので、投球自体は今シーズン1番の出来だったと思います。広島打線が相手ではありますが、前回のような投球ができれば試合を作る事は十分可能だと思います。しっかり腕を振って、ゾーンで勝負する投球をしてもらいたいですね。

今シーズンの大瀬良は、抜群とはいかないまでも、安定した投球を続けているみたいですね。阪神との対戦は1度だけあり、その6月25日の試合では7回無失点に抑えられています(その時も岩貞との投げ合いでした)。ただ、その時期の阪神は打線が絶不調で大型連敗している途中でしたから、今とはチーム状態が違います。今回は、前回負けた分をしっかりやり返したいですね。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

甥とホームスクールをしていたときでした。

甥は、よく「おじちゃんは、どういうことをして遊んでた?」

「どういうことが面白かった?」ということを尋ねてきました。
「模型を作るのが楽しかったなあ」
とか
「地下水というのがあるというから、庭に掘れるだけ深い穴を掘ってみたよ」
そんなことを言うと、よく伝わっていました。甥は庭を掘りませんでしたが。
いいものは何? 面白いものは何?
何か、積極的な価値のあるものを、子どもは知りたがります。

甥と暮らすようになって、少し意識的にやっていたことがありました。
テレビを見ていたときなど、これはすごいね、立派だねということがあったら、
それを口にすることでした。普段だったら、ふんふんすごいね、と思って終わる
ことを、
「この芸人さん、間の取り方がうまいねえ」
「ふうん、見事なものを作ったものだ」
「あの選手、いい判断だったね」
というふうに、言葉にするのです。
これは、本当に感じたことでないといけない。作為があると、教師やお坊さん
みたいになってしまう。

私の母が、親切にしてくれた人のことをよく話していました。戦争中の物資が
なかった時代に、ビスケットやお米をわけてくれた人のこと。親が死んで、兄弟
だけ取り残されたときに、親身になって取り計らってくれた叔父さんのこと。そ
れは、母がほんとうに感動していたことでした。
母は、「グラジオラスが今年も咲いたよ」とか「ほらほら、見てごらん。スズ
メがきて餌を食べてるよ」というようなことを、よく口にしました。私も、ほん
とだきれいだ、ほんとだ面白いと見ていました。
観察眼をつけるということは、「きれいだよ」「おもしろいよ」なんです。
「観察しなさい」「報告しなさい」ではないのです。

子どもは、真、善、美に対して食欲を持っています。作為のないものが、栄養
価の高いものです。栄養価の高いものが日常にたくさんあると、子どもは自然に
それを採集し、摘み取って食べてくれます。

古山明男

|恋愛小説r18

2018/04/09

小説r18について、動画で探してみたよ。


同人誌の年齢制限について同人誌を出そうと思っていますが、内容について年齢制限がつくものかわからないため質問しました。 内容は「緊縛」です。 服・下着は着用した状態なのでそのままでは年齢制限の付かな...
?

よく話す女のサークル仲間から恋愛相談を持ってこられたらスムーズに答えを出してあげないと、納得してもらえるどころか嫌われてしまう実例も発生してしまいます。
出会いの巡り合わせがあれば、間違いなくお互い好きになれるなんていうのは現実には起こりえません。よく言えば、相手を好きになったなら、どのような空間も、二人の出会いの映画館へと生まれ変わります。
「無料の出会い系サイトにおいては、どんなシステムで利益を得ているの?」「利用した後に高い請求書を送りつけてくるんだ、どうせ」などと訝る人もいらっしゃるようですが、かような懸念はこの際、忘れてください。
驚くなかれ。恋愛には順調に進行できる確かな攻略法が利用されています。男子の前で恥ずかしくなってしまうという女子でも、正攻法
の恋愛テクニックを行えば、出会いを逃さず、思ったよりも相手と意思疎通がはかれるようになります。
感性を大切にする心理学として女の子の間で噂になっている「ビジョン心理学」。“恋愛干物女子一新”に挑戦する多数の女の子に合う技術的・科学的な心理学と言えるでしょう。




【エロ注意】エロ小説を読むはじめしゃちょー Reading Fifty Shades Of Grey In Japanese


動画はこちら⇒【エロ注意】エロ小説を読むはじめしゃちょー Reading Fifty Shades Of Grey In Japanese




こどもたちの通う小学校は「鉛筆のみ許可」の学校。

低学年は2B、中学年以降はBやHBを使っている。

もちろん、赤鉛筆使用!

鉛筆のメリットを各種、小学校で聞かされたけれど

なんだかわかったような、わからないような。

筆圧が強すぎて、芯を高頻度で折る息子には良い筆圧トレーニングに

なっているのかもしれないけれど、

筆圧が弱すぎる娘は鉛筆で書くだけで疲れてくる、というほど。

 

夫は息子と同じで筆圧が高すぎて、細いペン先はつぶすほど。

一方、私は筆圧が弱すぎて、Bでないと濃く書けず、

濃く書き続けると疲れる、という理由で高校生からずっとペン使用。

テスト以外はペンを使っていた。

しかも、ボールペンは疲れるので、ゲルインクペン。

私自身が鉛筆で書くという行為が苦痛だったので、

小4の娘の気持ちがよくわかる。

年賀状を書くときにペンを使うように促したら、

「すごい楽!」と喜んでいた。

学校でもペンが許可されたらいいのに…と思ってしまう。

 

ドイツでは学校で鉛筆を使わない、とドイツのパルたちから何度も聞いた。

万年筆を学ぶ時間もあって、万年筆かペンを使う、と。

文通をしていて驚くのは、ドイツ人のパルたちの書き直しの少なさ。

さらさら~っと間違えずに書いている。

間違えずに書く、というテストもあると聞いた。

私の二重線で書き直しだらけの手紙を見るにつけ、鉛筆よりペンで

そういう練習をしたほうが将来的にいいのでは?と思ってしまう。

 

ただ、鉛筆信奉者は”先生”に多い気がする。

元教諭のママさんは「○くんは筆圧がしっかりした字を書く。」と

筆圧を褒めていた。

筆圧を褒める?と笑ってしまったけれど、結構、重要ポイントで

筆圧が弱い子はノートをとることが苦痛になって、

勉強からも遠ざかる、と。

あぁ~、わかる!私がまさにそれだったわ!と言ったら、驚かれた。

でも、筆圧が弱くても、勉強から遠ざかるではなく、

鉛筆をゲルインクボールペンに持ち替えて学生時代を乗り切りましたが。

鉛筆もいいところがあるとは思うけれど、

ペンだってメリットは大きい。

 

 

佐藤勝利さんが今年の3月で高校を卒業する。佐藤勝利と小瀧望はタメという衝撃。

え、中学を卒業じゃないの?っていう見た目。身長が伸びても本当に体型が小学高学年の男子のまま。

でも、本当に違和感なのは体型以上の見た目の雰囲気。

すごくストレートな言葉で表現をすれば「精通感のなさ」が異常。

彼には男の子感はあっても、男らしさが見受けられない。

デビュー直後の手越さんにもあった空気ではあるんだけど、18歳の頃にはもうだいぶ男としての顔になってた。

完全に「男としての自信」がある顔。

まぁ現在それがイキすぎている感はありますが。それはそれで。

今ステージに立っている佐藤勝利は「アイドルとしての自信」にあふれていて、華奢な体ながら派手な衣装も着こなし、センターとしての立ち位置の重圧をしっかり受け止めながらひとつひとつをこなしていっている感じ。

でも、そこにはアイドルとしての自信以外のものが見えない。

印象としては、子どもとして性の感覚がない状態でジャニーズに入り、そこからアイドルとして、センターとしての性をスポンジのように吸収し続けて、気が付いたら18歳になっていて、男性としての性を全然吸収せずに育ってしまったような雰囲気。

本当に稀有な存在感。

私生活なんて知らないし、知りたくもないんだけど、実際プライベートではめっちゃイケイケなんだとしたらそれは逆にすごい。

彼のヴィジュアルが崩れることはもはや想像できないけど、ハタチを迎える頃にどうなっているのか、想像がつかない。

そんな勝利たん率いるSexyZoneっていう言い方がいいのか分からないけど、彼ら5人ともちょっと独特の空気だよなーって。

「おとぎ話的なシチュエーションのものが似合うんですよ!」ってSexyZoneを見ている友達に言われて考えてみると確かに。

いわゆる現実的な男らしさがあまり見受けられない人たちだなぁって。

Sexyをテーマに写真撮られることも多いけど、リアリティはあんまりない。

健人さんのキャラはかつてのKAT-TUNさんのようなガチの男のセクシーではなくて、あくまで王子様の演じるセクシーの範囲。

それこそデビュー直後のKAT-TUNさんはステージ上のメンバーはオス感がすごくて、客席も過剰な腰振りのフリに悲鳴が上がるようなメス感。

なんかすごい性的だ!ってコンサート見て衝撃受けたんですよね。

健人さんがどれだけセクシー感を出しても、いやらしさではない。

現実的なオス感に対しての嫌悪感、あるいは現実的なメスに対しての嫌悪感すら感じる非現実的な王子様感。

ふうまろさんは唯一リアルに男らしさを出している、とも言えるんだけど、彼もキャラクターとして「男に憧れている男の子」の範囲を出てない。

もちろん現実ではイケイケなんだろうけど、なんか過剰に先輩をトレースしたキャラクターでステージに立っている彼は男としての自信にあふれているかというと、少し違う気がしてしまう。

マリたんに関しては完全に性別とか関係ない愛を感じるし、勝利たんも前述。

各々が各々の世界観を持ってるグループで、どこか非現実的だから、非現実的なキラキラの衣装や世界観を作り込んだ撮影が似合う。

そういう中で唯一普通の子っぽいのが松島聡ちゃん。

成長は遅めな気がするけど、でも、1番普通な感覚を持っていそう。

多分男の子から男へ自然に成長できるタイプなんじゃないかと思う。

実際とてもナチュラルにイケメンに成長してきてる。

だから彼から見たメンバー像がすごく気になる。

ストーリーテラーとしての存在感。

本当に大人のオモチャにされているグループで、でもそれに対して懸命についていこうとしている姿はプロデューサーに振り回される48系グループみたい。

3人と2人という分け方が続いていて、本当にどうしたいのか分からないけど、最終的には5人としてちゃんと進めていってほしい。

将来的にキーになるのは松島聡ちゃんなはず。

彼らの活動をドラマとして売り出す日がくるとは思わないけど、いつか振り返ることがあるとしたら聡ちゃんの目線の言葉を聞きたい。

なんて、普段少クラぐらいでしかSexyZoneを見てない人が感じたSexyZoneについて感じていることを書いてみたりしました。

久しぶりに用事のない土曜日。Qlair の「君住む街」を思い出した。



6月1日。今日は晴れ。約束のない休日。
午前11時。君の家を訪ねます。大切な忘れ物を思い出したのです。

ひろちゃん(井ノ部裕子)のソロの曲で、内に秘めた情熱が、ささやかな行動となるという歌詞は、口数は少ないながらも、しっかりとした意志を持つという彼女のイメージにぴったりで、まさに、情景が目に浮かび、せつなさの懐古は、このメロディーによって増幅される。

ちなみに、これはシングルのB面なのだが、A面は初夏に出た「眩しくて」


最年少のあきちゃん(吉田亜紀;当時は16歳だったと思う)を中心に、左のさっちゃん(今井佐知子)は大きくアクションをとり、右のひろちゃんは控えめに振る舞う。黄緑、青、ピンクのパステルカラーのワンピースを身にまとった彼女らが歌うのは、めぐり来た春は思いのほか短く、日差しは夏に近づいてきた。密かに思いを寄せる彼と、彼の彼女の姿は、初夏の日差しのように眩しいが、私は彼女に負けないように深呼吸する。

そして、アルバムにしか入ってない「お引越し」



これは引っ越しの前夜にこの部屋であったことを懐かしみ、次の部屋での新生活に思いを巡らすというもの。これはライブのときのようだが、赤と白のドレスを、あきちゃんはショートカットに大き目のサングラスで、さっちゃんはヘアバンドで、ひろちゃんはシャツを腰で結ぶ、というコーディネイト。この歌はCD音源で聞くと、またいろんな懐古がやってくることうけあいなのだが、ライブでの彼女の出で立ちというのも、ほんとうに彼女ららしいなあ。

ええい。「約束」も載せちゃえ。これもアルバムにしか入っていない。



これは当時のファンの間でも名曲との呼び声が高い。ぼくはライブとか行ったことないが、この曲の前奏がはじまったときの盛り上がりを想像するのは難くない。もう36歳になってしまったが、胸を締め付けられるような感じは、まだする。


はい。アンチエイジング終わり。仕事しよ。

ごきげんよう。

ねこ昼寝

2018/03/02

f:id:kisetu4season:20170509203400j:plain

 ネコ 昼寝 窓辺 うたた寝 動物

 

機械学習で名古屋っぽいを判定する from Masayuki Tanaka

なんやかんや時間がかかりましたが、なんとか今年中に試したかったことをやれました。
結果としてはうまくいった、とまではいかないですが理解は深まったのでよかったかなと。奥が深いしおもしろい分野なので引き続きいろいろ試していきます。

プログラムなどの詳細は掲載してませんが、どなたかの参考になれば幸いです。

公開前から「楽しみ」「見たい」と何度もつぶやき、やっと見ることができました! ちなみに、ご近所さんにママ友さんに、またもや(こちらでも)原作マンガを借りてしまって読んでた上、さらに、

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

  • アーティスト: のだめカンタービレ
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2009/12/09
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 202回
  • この商品を含むブログ (42件) を見る

これも買っちゃって聞いてたので、かなり予習済だったのです。

やっぱり、マンガで力を入れた笑いポイントを忠実に再現しているのには、参りました。Ruiと千秋が仲良くしてるところにのだめが飛びついて噛み付いたり。あとは、時計が壊れてて、マルレのコンサートに遅刻しそうになったのに気付いたのだめがジャージズボン一枚&上半身裸で大慌てする後ろ姿とか。自分もクスクス笑い。もちろん、周囲からも笑いがこぼれてきてました。

今回の主軸は千秋が任されたマルレオケですが。あの個性的な団員をどうするんだ!と思ってたら、およそそのとおりに描いてくれて嬉しかったです。多少、担当楽器とか、バイトの内容とか違いましたけど。その人それぞれの、顔つき、髪型、普段着、歩き方なんかまで…。なんかその人が重ねてきた人生を見せてるような、そんな感じでした。あの、チェロ主席のおじさん一家が出てきたところあたりが、涙のピークでして。

上野さんののだめちゃんは、もう完璧。チェックのワンピもとっても似合ってる上に、はしゃげば急上昇、落ち込めば急降下、な、落差表現がたまりません! 一方、千秋先輩の玉木さんは、もちろんとってもかっこいいのですが。指揮やピアノの演技ハードルが高すぎたせいかいっぱいいっぱいにも見えてしまっていて。本番舞台にあがる前から目が真っ赤に見えたのは、お疲れだったのでしょうか? それとも気のせい? もっと、役者なんだから顔やしぐさが「かっこいい!」のが最優先、本物そっくりはその次くらいのつもりで、貧乏下手オケを任されての苦労の表情、思い通りの演奏ができての笑顔など、スクリーンのこっちのお客さんにもアピールしても良かったかなぁ、とさえ思えます。ま、映画終わって後ろの方から、「やばい、玉木宏かっこいい」とかいう声が聞こえてましたから、問題ないのかもしれませんけど。

原作をだいぶ端折ったのが残念なのは否めませんが、本場ヨーロッパの美しい風景には、参りました。その上で、その、クラシックだけではない街の建物や鉄道。それから、街角にいるおばさんや子供やカップル、それからヤギなど…。


いろいろ思うところはあるのですが。さて、音楽の方。

原作になかったのに、映画予告でチャイコフスキーの序曲「1812」がかかった時には、ものすごくびっくりしました。なんで出てこないのに、こんなにメインに使われるの?って。そしたら、ウィリアムテル序曲をこちらにしたとか。

1812は、大砲を使うのでもとても有名な曲ですが。これ、高校のオケでやったことがあるんです。もちろんトランペットで。楽譜が実家にあるのでうろ覚えなんですが、多分1stだったはず。こめかみの血管が浮き出るか!?(ないない)ってくらい、気合いを入れてやった曲です。曲を耳にすると、あの息苦しさまでよみがえってくるくらいです。出身地は、中学には吹奏楽があって、高校でオケがあるような地域だったので、吹奏楽での金管(と木管)経験者はそれだけキャリアがありますから、部内で力があったというか、どうなのか…。やっぱり、金管が華々しい曲をやる傾向が強かったんですよね。で、この選曲だったのか、どうなのか。もちろん上手いオケではありませんでしたけど、すごい楽しかったのも、CD聞きながらちょっと思い出しております。

で、大砲です。もちろん高校に大砲なんてあるわけなく、大太鼓で代用して本番に臨みました。

「17発に命をかける」

(17だったかどうかはうろ覚え)と体の大きな先輩はそう宣言し、大砲用の大太鼓は本来ならば舞台後ろの方ではなく、ヴァイオリンがいるあたり、舞台前の方に設置されました。そして演奏が始まって最後のクライマックスへと盛り上がっていったわけですが…。大砲、数発目を叩いたところで、叩いた勢いでスティックが客席へきれいに放物線を描いて飛んでいってしまったのです! 一番息の苦しいところでトランペットを構えながら、

「あ・・・」

と思ったのが忘れられません。そのまま、大砲なしで曲が終わり、そういう意味でも大変印象深い曲になったのでした。


話を戻しまして。マルレでの1812。大砲はやっぱり大太鼓?と思ったら、劇場の外で刃野刑事…、じゃなくってテオがぶっ放しておりました。なるほどそうきましたか。こちら、慌て者でも失敗はなかったみたいですけど。


あー、でも。期待どおりおもしろかったです。テレビ放送がそのうちあるでしょうから(1年後とか)、今度は子供とゲラゲラ笑いながら見たいですね。そして、後編もむちゃくちゃ楽しみです。

おはよう!昨日、地方銀行から住宅ローン借換えのご案内に営業マンが来ました。
いつも来ると留守にしているので、「あ、居た!」というような顔をされましたが、結局お断りしました。だって最近のSBIネット銀行や、新生銀行ってもっと安いんだもの!
今週末は何とか晴れそうだね♪
よかった〜キャンプに行く予定なんだよね〜
キャンプファイヤーにバーベキュー、それと川遊びもね♪
まだちょっと早いかな^^;
筋トレを昨日頑張ったんだけれど、なかなか習慣化できないでいます^^;意思が弱いと言うか、なんと言うか・・・。今度こそと思うのですが、中々長続きできません^^;今回は、少し続いているので頑張って習慣化を目指します!
灯油、最近スゴク高くない?原油が高騰しているからですかね〜
冬はともかく、ボイラーなど夏でも使用している人には、高くつきますよね^^;大変だ。

円高が更に進み輸出関連企業に大打撃な昨今ですが、一般消費者には恩恵がありますよね♪輸入品などが通常よりも安く購入する事ができます!買うぞ?
今日の仕事は大忙し!お手伝いなんだけれどね^^;
流石に疲れました。まだまだ若いと思っていたのですが、どうも思うように体がついてきません(>_<)
これが老化なのか?
明日も勉強の予定だ!セミナーにも週末行かないといけないし、試験はあるしで大忙しだね。ちょっと休息したい気分^^;来月くらいからはゆっくりできそうなんだけれどね・・・。
近々、自宅の外壁の塗りなおしをしないといけないんだけれど、また数年後同じ施工をしないといけない。どうにかならないのかな?外壁のリフォームで塗りなおしが必要ない壁があるようだけれど、いくらくらい費用がかかるのか?費用対効果を考えて検討したいね。
住信SBIネット銀行住宅ローンを借換えようと考えている会社の子がいるんだけれど、金利の低さに驚いていたな。
自分も調べたから知っているけれど、大手の銀行よりもかなり金利は低いよね!人気もあるし・・・。